TOP > 家族教室のご案内 > 平成24年度第2回家族教室のご報告
平成24年度城東やすらぎグループ第2回家族教室が開催されました!
去る 6月9日(土)、当グループにて家族教室を行いました。
今年度のシリーズ第2回となった今回は、『統合失調症の新しい薬物療法−コンスタを中心に−』と題して、医王ヶ丘病院 岡本 猛 院長より講演を行いました。その後には、茶話会を開いて講演への質問や日頃の悩み・疑問などを話し合いました。
今回は、20名のご家族様及び患者様にご参加いただき、大変活気のある会となりました。

家族教室の様子
講演 統合失調症では、発病後、患者さんが効果を実感できる薬を服用すること、心理教育をすることで、その後の生活を大きく変えることが出来ます。患者さん自らが選択(アドヒアランス)し、お互いに納得する治療をすることが重要です。薬の形状はさまざまですが、持続性注射剤(デポ剤)は1回の注射で2〜4週間効果が持続し、飲み忘れがない分、再発を防ぐ高い効果があります。また、ご家族様が患者さんの健康な部分に目をむけることも大きなサポートになります。
バーチャルハルシネーション
(幻聴の疑似体験装置)を体験しました。
バーチャルハルシネーション(幻聴の疑似体験装置)を体験しました。
次回
平成24年度第3回家族教室 は、

公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート石川県支部
石川県司法書士会 司法書士 柿木(かきのき) 一志(かずし) 氏 より
『 ご家族に役立つ制度の話 ―成年後見制度等を中心に− 』
と題した講演を行います。
平成24年8月4日(土曜日)10:00〜12:00 に開催予定です。
お 気 軽 に ご 参 加 く だ さ い !
▲上へ
▲家族教室のご案内へ戻る